食健三昧 - ノンフィクションライターの百瀬直也が「食」と「健康」を探求するブログ

ノンフィクションライターの百瀬直也がメディアタブーに挑んで食の安全性など「食」と「健康」を探求するブログ

HOME MENU LIST WEB VIDEO EMAIL PROFILE 



【今日の食卓】「津軽 黒にんにく 訳あり」~発がん抑制作用が確認されているスーパー食品

f:id:nmomose:20191207153040j:plain

「黒にんにく」とは何かを知らない人、その優れた健康効果を知らない人は、人生で損をしているかもしれない。
自分も大腸がんになって初めて知ったが、その発がん抑制作用など癌に効果があるという部分も含めて探ってみた。



https://www.instagram.com/p/B5wp-_ZA73d/
【今日の食卓】「津軽 黒にんにく 訳あり」Amazonで100gで500円送料無料は破格値。今まで買った商品よりべとつき感ありだが、それだけ熟成が進んでいるということか。もちろんガン特に大腸がん抑制作用を期待している。※この投稿に限らず、 #食健三昧 タグを付した投稿は同名ブログに自動投稿され、後で詳細を追記します。#黒にんにく #がん #癌 #大腸がん
 

「黒にんにく」とは?

黒にんにく(黒ニンニク)とは、にんにくを特殊な方法で加熱熟成して製造された食品のこと。

なぜ「黒」かというと、「メイラード反応」によるものだという。
これは、還元糖とアミノ化合物を加熱した際に見られる、褐色物質を生み出す反応で、「褐変反応」 とも呼ばれる。

フランスの科学者ルイ・カミーユ・マヤールが発見したために、この人の名前の日本語読みのメイラードで呼ばれるようになった。

黒にんにくの起源については諸説あるが、有力な説としては、三重県志摩地方の海女の料理に発祥するというものがある。
それが2000年代になって、三重大学教授の田口寛氏や弘前大学教授佐々木甚一氏らによる研究開発によって、商品化に成功した。

現在は青森県産が多いようで、Amazonでも多く見かけるが、どれも結構なお値段がする。

黒にんにくとの出会い

今年9月下旬に、武蔵小金井駅前の「三浦屋」という高級食材や輸入食品を扱う店で、初めて黒にんにくなるものを目にした。
それ以前にも店頭で目に留めていただろうが、覚えていないのは、まったく関心が無かったということか。


上記Instagram投稿では、いくらだったか書いていないが、まあそんなに高価なものならば私が買う筈はないから、せいぜい千円代ぐらいだろう。
しかも、バッと見がグロいので、「美味しいんかい?」と大いに疑問があった。

それでも購入したのは、癌に良いとどこかで読んだか何かしたのだろうか。
ちょっと覚えていないが、買ってみて正解だと思った。

そう思ったのは、一つには非常に熟成が進んで、ニンニクとは似て非なる味で、甘みと旨味がすごくあり、文句なしに美味しいからだ。

黒にんにくの癌抑制作用

ある医療関係の質問サイトで、ある医師が、患者さんが癌発生を防ぐというので黒にんにくを毎日食べているが、どうなのかという質問を書き込んでいる。

これに対する回答として、「ラットを用いた検討結果では,黒ニンニク粉末は大腸発癌の予防に有用と思われる」とある。
ラット実験で使用されたのはにんにく粉末だが、黒にんにくでも同様の作用があると考えられるという。

詳細は下記サイトにある。


また、普通のニンニク(加工食品)を常時摂取することで、いくつかの種類のガンの発症リスクを低減させる可能性があるとされている。
このような実験には、さまざまなニンニク加工食品が用いられ、必ずしも黒にんにくとは限らないが、様々な実験によって効果が確認されている。

このような「効果」の有無は、ヒトに対する科学的な「エビデンス」があるかどうかが重要だ。
その点では、複数の集団研究の結果から、ニンニクの摂取量増加と特定の癌腫(胃癌、結腸癌、食道癌、膵臓癌、乳癌など)のリスク減少との間に、相関があることが示されているという。

もっとも、黒にんにく自体が、私が知らなかったくらいで認知度が高いといえず、それもあって科学者が健康効果を実験してくれないのが残念なところだ。
今後の研究に期待したい。

「津軽 黒にんにく 訳あり」

今回初めてAmazonで買った、「津軽 黒にんにく 訳あり」は、まずその信じがたい値段に惹かれた。
100gで500円なんて、Amazonでも他の店でも見たことがない安さだ。

f:id:nmomose:20191207163855j:plain


「訳あり」とあるからには味が美味しくないのだろうかと思って、Amazonカスタマーレビューを徹底してチェックした。
すると、形は不ぞろいだったり、皮はがれ、潰れなど色々混ざっているが、味には問題ないという意見が占めていた。

それで、Amazonで買ってみた。
商品が届いてから、恐る恐る口に入れてみると、たしかに味にはまったく問題がなく、甘く美味しい。


形が不ぞろいで、Amazonで販売者自身が詳細に説明している通りに、より分けの理由があるが、食べたところでは美味しい。
味に問題ないどころか、後述する今まで食べていたものよりも、甘みや旨味がある。
今まで買っていた福岡県産のものより、熟成が進んでいると思われる味だ。

福岡県久留米産の黒にんにく

前述の「津軽 黒にんにく」を今回初めてAmazonで購入する前までは、下記の「無農薬栽培 熟成黒にんにく 完全無添加 国産 バラ 大小62粒入 福岡県久留米産 大小31粒入 ×2箱」を買っていた。

2箱で200gぐらいだと思うが、Amazonプライム送料無料で2400円ぐらい。
こちらは、訳ありではないが、Amazonの他の商品に比べて、かなりの格安だ。


これは、「無農薬栽培」と銘打っているのも好感がもてて、それでこの値段は、かなりの企業努力といえるだろう。
そのため、熟成度では負けるものの、無農薬栽培に釣られて買いたくなる。

これもかなりの安値だが、「津軽 黒にんにく 訳あり」よりも重量換算で2.4倍くらいの値段がするので、今後どちらを選ぶかが難しいところだ。

黒にんにくは、生のにんにくなどと違って、たくさん食べると胃腸障害や下痢を起こすなどということがないので、その点でもメリットがある。
私は、毎日2~3粒を昼食代わりに食べている。


【参考】


Copyright (C) 2016-2019 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email