食健三昧 by 百瀬直也 - 「食」と「健康」を探求するブログ

ノンフィクションライターの百瀬直也が食の安全性・料理・少食など「食」と「健康」を探求するブログ

HOME LIST WEB VIDEO EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク


【今日の食卓】CoCo壱番屋久米川店で「やさいカレー」と「ロースカツカレー」~タイ人サルちゃんが激辛の「10辛」を試した結果…

https://www.instagram.com/p/Bj8WifqHYsA/


【今日の食卓】
CoCo壱番屋久米川店で昼食。
サルちゃん(タイ人の妻)が、なんと最高辛さの「10辛」オプション付きでカレーを食べたので、それをメインに紹介する。

CoCo壱番屋

CoCoICHIは、滅多に来る機会がない。
なぜならば、味にうるさいサルちゃんが、「カレーはタイが一番おいしい」と思っていて、インド料理やカレーをあまり食べないから。


私は、インド料理(特にダールカリー)が世界でいちばん好きな料理のひとつなので、その点で夫婦間で味覚の相違が生じる。
だからといって、それが離婚の危機に発展したためしは無いが。^^;


なので、みなさんが普通に食べているCoCo壱番屋で食事をするのは、数年ぶり。
2011年秋に結婚してから、2度目くらいだ。

「やさいカレー」

私は、「やさいカレー」689円税込。
辛さをどうするかと聞かれたので、オプションで「1辛」21円を頼んだ。


普通の辛さの上に、10段階で辛さが指定できる。
それが「1辛~10辛」と表現されるもの。

「ロースカツカレー」+10辛!

サルちゃんは、「ロースカツカレー」753円を頼んだ。
辛さを説明すると、躊躇なく「10」と言う。


店員のおにいさんは、「すごく辛いですよ…」と言って、「やめた方が良いけどなー」的表情がありありと伺える。
しかし、サルちゃんにそう説明しても、「だいじょぶ」と言って譲らない。


仕方なく、「家内はタイ人ですから…」と言って、10辛で押し通す。
10辛の料金は、105円だ。

「やさいカレー」を食べた

カレーが出てきて、食べ始める。
1辛では、物足りない。
野菜はたくさん入っていて、満足できる範囲内だ。

「10辛」の激辛カレーをタイ人が食べた

サルちゃんが、「ポークカツカレー」を食べ始める。
「おいしい」と言っている。


ちょっと文字で表すのは難しいのだけど、それを敢えてやると…。
表情は、普通だった。
つまり、顔を歪めたりは全くせずに、淡々と食べていた(ように見えた)。


一口食べさせてもらうと、口に入れてしばらくは、「なんだこんなもんか」と思うレベル。
しかし、数十秒と経過するに連れて、激辛スパイスの辛さが口の中に広がる。


2スプーンぐらいもらって、自分のカレーに混ぜる。
これで、なんとか辛さは満足できるほどになった。


そうしているうちに、サルちゃんは完食。
彼女いわく、おいしいけれど、「でも次は7辛ぐらいにする」(爆)。


やはりCoCoICHIの10辛カレーは、タイ人を持ってしても、おいしくいただくには辛すぎるようだ。
でも、「ソムタムほどは辛くない」と言っている。


同じタイでも、東北部のイサーン地方へ行くと、最高に激辛を好む人々がいる。
そこの人々は、10辛でも普通においしくいただけるかもしれない。


CoCo壱番屋 レトルトポークカレー

CoCo壱番屋 レトルトポークカレー

ハウス CoCo壱番屋直伝調味スパイス 48g

ハウス CoCo壱番屋直伝調味スパイス 48g

Copyright (C) 2016-2018 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email