食探三昧 by 百瀬直也 - 「食」の安全・健康・グルメ等を探求するブログ

ノンフィクションライターの百瀬直也が健康・料理・グルメ・粗食・少食など「食」を探求するブログ。

HOME LIST WEB VIDEO EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク


【今日の食卓】【追記あり】東京で数少ないみかん狩り~武蔵村山市の小林農園で食べ放題400円は格安

f:id:nmomose:20171119145240j:plain


【今日の食卓】
東京都武蔵村山市の小林農園で、みかん狩り。
みかん狩りは、家族全員が初体験。
お隣の小平市に住んでいて、ここにはブルーベリーやイチゴやサツマイモなど様々な味覚狩りができる農園があるが、みかんはないだろう。


90分400円で、村山みかんが食べ放題は安い。
小学生未満の幼児は300円。
持ち帰りはキロ400円。

東京狭山みかん(村山みかん)

東京都西部の武蔵村山市の、多摩湖の南の狭山丘陵南斜面で栽培されているみかんは、「東京狭山みかん」あるいは「村山みかん」と呼ばれている。
この記事を書くために調べて初めて知ったことで、まったく知らなかった。


小林農園では、およそ60アールの畑に、約500本のみかんの木が植えられている。
ここを知ったのは、秋なので味覚狩りでもしようかとWebで検索していて、その存在を知った。


🍊🍊🍊

Saru Momoseさん(@sarutaya11)がシェアした投稿 -


「東京狭山みかん」や「村山みかん」などで検索しても、小林農園が上位に出て来るくらいで、その知名度は察せられる。
この農園は意外とIT化が進んでいて(?)、Webサイトの更新は頻繁だし、ブログまであって最新情報を提供している。

小林農園の場所など

小林農園の場所は、東京都武蔵村山市中藤5-84-1。
西武拝島線の東大和市から、西武バス・イオンモール行きなどに乗り、15分ほどで中籐バス停で下車し徒歩3分ほど。
小平市の花小金井駅にある自宅から農園まで、約1時間かかった。


今年は、11月1日から開園した。
通常の年は11月上旬から12月上旬頃まで開園している。

小林農園へ

10時半頃に家を出て、西武拝島線で花小金井駅から東大和市駅へ。
拝島線は、西武新宿駅から直通の急行も出ている。
あるいは、本線である西武新宿線に乗って小平駅で拝島線に乗り換えても良い。


東大和市駅は、以前にイオンモール東久留米などができる前は、時々下車したことがある。
そのイオンモール行きの西武バスが、駅前のバス停から出ている。
他にも都バスに乗っても良いようだ。


15分ほどで、「中藤」バス停で降りる。
進行方向の反対を100mほど戻り、横断歩道を渡って、八坂神社の鳥居の右脇を上って行くと、小林農園の入口がある。


車で行く場合は進入する道や駐車場の空き具合など注意が必要で、事前にWebサイトのアクセスページの注意書きを読んで、更に事前に電話した方が良い。
私達が12時少し前に着いた時には、手前の路地で待ちの車があった。

みかん狩り開始

受付で、大人一人400円、幼児300円を払って、90分の開始時間を確認する。
そして、カゴとハサミを渡される。


みかん狩りは初めてだというと、おばさんがコツを教えてくれた。
素手でもぐ場合は、みかんを何度かクルクルと回すと、簡単にもぎ取ることができる。
ハサミを使う場合は、その限りではなく、小枝や葉っぱも切り取らないように注意して切る。


みかんが実っている敷地は、思った以上に広い。
空き地では、小学生くらいの団体や家族連れがシートを敷いてお弁当を食べていた。


シートはほとんど必須だということは、想定外だった。
これがないと、もぎ取ったみかんを立って食べなければならない。
ベンチが1つあったが、早いもの勝ちだ。


みかん狩りに開放されていない区間もあって、来週以降に解放されるのだろうか。
中には斜面のために危険だからという場所もあるようだ。


全体的にオレンジ色になっているみかんを選んで、もぎ取って食べてみる。
甘い中にも、酸味も主張していて、なかなかおいしい。


武蔵村山市のサイトでは、村山みかんの特長として、「甘い中にもちょうどよい酸味があって、全体的に味が濃い」とあるが、まったくその通りだと感じた。

甘いみかんを選ぶ

通常サイズのみかんは、かなり大きいが、最小サイズを選べば間違いない。
うちではいつも、小粒のみかんしか買わない。
小粒で皮が柔らかいみかんが一番甘く、袋が薄く幼児にも食べやすいからだ。


今日の経験を経て、みかん選びのコツみたいなものをまとめると、以下のようになる。

  • 緑色の部分が少なく、まんべんなく橙色になっているものを選ぶ。
  • 更に、小粒で、かつ触って柔らかいみかんが甘くて濃厚な味で美味しい。
  • 上記のものだと、少しくらい緑色が残っていても甘いことが多い。
  • 以上のような甘いみかんは、南側で、かつ木の上の方に多い。
  • 食べごろのみかんは少なくなっていたが、入口からいちばん遠い奥の方には、まだ多くある。


https://www.instagram.com/p/BbqnxXTAefZ/
【みかん狩り】武蔵村山市の小林農園で。直径10センチ近いのは見向きもせず、とにかく小さい5~6センチのを探し回った。全体の10~20%位しかない。

みんな満足

龍矢はハサミを持って、一生懸命刈り取っていた。
みかんだけを、そう腹いっぱい食べられるものではない。
1時間ほどたって、もう子どもたちも飽きていたようなので、引き上げることに。


おばあちゃんへのお土産や、家族で食べる分を採ったら、3kgほどになった。
キロ400円だから、1200円ほどだった。


格安の料金で、家族全員、楽しいひと時を過ごせた。
子どもたちは、また行きたいと言っていた。


❤️❤️❤️

Saru Momoseさん(@sarutaya11)がシェアした投稿 -

行きたい人への注意事項

すでに書いたように、当日にWebサイト(ブログ)を見たり電話で問い合わせたりしないと、行ってみたら入れなかったとか、トラブルの原因になるかもしれない。
来園前(当日)に、必ずWebサイトのブログで営業していることを確認し、更に事前に電話して混み具合などをチェックすることをお薦めする。


私たちは、東大和市駅に着いてから電話したところ、みかんが残り少ないので、みかん狩りは難しいということだったが、もう途中まで来てしまったこともあって、それを承知で行くことにした。


団体以外の予約は不要だが、みかんの残り具合によって臨時に閉園したり、入園者が多すぎたり駐車場が満杯などの理由で途中からクローズすることもあるらしい。

アクセス情報

■小林農園
 東京都武蔵村山市中藤5-84-1
 TEL: 042-561-3305
 Webサイト: http://kobayashifarm.tokyo/


Copyright (C) 2016-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email