読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食探三昧 by 百瀬直也 - 「食」の安全・健康・グルメ等を探求するブログ

ノンフィクションライターの百瀬直也が健康・料理・グルメ・粗食・少食など「食」を探求するブログ。


- 「人は食べるところのものである」 食の探求 shokuzan.com
HOME LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク


【今日の食卓】小平市のフクシマストロペリーファームで1年ぶりにイチゴ狩り

スポンサード リンク

f:id:nmomose:20170204131431j:plain


【今日の食卓】
東京都小平市のフクシマストロペリーファームで1年ぶりにイチゴ狩り。
フクシマといっても、福島県とはまったく関係なく、単にフクシマさんがやっているのでしょう。


この日は、お昼すぎに着いたら、大盛況のよう。
奥さんによると、朝からお客さんが多くて、完熟のいちごを探すのが大変かもしれないけれど、それでも良ければ…と言っていた。
ちょっと引きかけたけれど、いざ入ってみたら、丹念に探せばまだまだ赤々としたイチゴがあるというレベルで、良かった。


紅ほっぺなどの品質から食べ頃を自分で選んで摘むのは、醍醐味だ。
料金システムは、入場料など一切なしで、摘み取った分を量り売り。
100gで270円。
今日は約2パックで1600円だった。


https://scontent.cdninstagram.com/t51.2885-15/s640x640/sh0.08/e35/16464370_1930819623814600_3708820958652399616_n.jpg?ig_cache_key=MTQ0MjUxODQwOTQzODc5MzIzMQ%3D%3D.2


スーパーのイチゴよりも甘い新鮮なイチゴをその場で食べられて、子供の社会勉強にもなるので安いものだ。


https://scontent.cdninstagram.com/t51.2885-15/sh0.08/e35/p640x640/16464512_242181556192010_6490453688933416960_n.jpg?ig_cache_key=MTQ0MjU1ODQzNDkwMTYyMjcxOA%3D%3D.2
 

過去の記事

昨年2016年3月に行った時に詳細を書いています。
参考にしてください。
その時に撮ったYouTube動画も埋め込んであります。


www.shokuzan.com
 

扱っているイチゴの品種(2017年2月現在)

下記の品種を扱っているが、紅ほっぺが一番多く、大半を占めている。

  • 紅ほっぺ(静岡県):真っ赤な外見、甘味と深いコクが特徴。
  • やよいひめ(群馬県):薄紅色で、甘味と酸味のバランスが整っている。
  • かおり野(三重県):果汁を多く含み酸味控えめ、豊かな香り。

 

行かれる人への注意事項

基本的に、毎年1月~5月末日の10:00~15:00に営業している。
しかし、熟したイチゴがなくなったなどの理由で休業することもある。
そのため、行かれる当日に、必ず下記のWebサイトで営業中であることを確認してください。


fukushimastrawberry.wixsite.com


だいたい平年は、1月~2月頃は完熟したイチゴが少なく、なるべく朝早く行って摘み取ることをお勧めします。
春頃になると増えるそうです。

交通手段

現地へ行くには、電車、バス、車といった様々な手段がある。
最寄り駅は、西武新宿線小平駅
山手線の高田馬場駅から急行に乗って22分ほど。


小平駅から徒歩10分。
バスならば10分弱。
詳細は、下記HPのアクセスのページを見てください。


fukushimastrawberry.wixsite.com
 

https://www.instagram.com/p/BQFCXkpjjaU/
【愛弥美】フクシマストロペリーファームで、自分で摘み取ったイチゴを前に愛嬌を振りまく。小さい子供にとっては最高の楽しみ。Ayami took the strawberry by herself too.


今までバスの存在を知らずに、小平駅から歩いていた。
もっとも、徒歩10分くらいで、そう遠くもない。
バスは小平駅から国分寺行きなど何本かある。


この日は、小平駅南口前のバス停に国分寺行きバスが停まっていたので、飛び乗った。
3つ目くらいの「熊野宮前」バス停で下車すると、バーミヤンがあって、その脇に看板があるのですぐにわかる。


バスの本数は、そう多くないかもしれない。
帰りは、すぐとなりにあるバーミヤンで昼食をとってから、散歩がてら歩いて帰った。


写真を見ると、みんな笑顔。
小平市で自慢できるところは、「東京の田舎」ということかな。
東京にしては自然が多く残っていて、また果樹園などや畑も多い。
なかなか他のところに住みたいと思わない所以だ。


※今日サルちゃんが撮ってFacebookに投稿した動画を埋め込んでおきます。
こちらも、ご参考までに。


Copyright (C) 2016 Naoya Momose. All Rights Reserved.