読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食探三昧 by 百瀬直也 - 「食」の安全・健康・グルメ等を探求するブログ

ノンフィクションライターの百瀬直也が健康・料理・グルメ・粗食・少食など「食」を探求するブログ。


- 「人は食べるところのものである」 食の探求 shokuzan.com
HOME LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク


【今日の食卓】スイーツパラダイス(スイパラ)立川店で軽食+スイーツ30種+ドリンク食べ(飲み)放題+ハーゲンダッツとジェラートも。

スポンサード リンク

f:id:nmomose:20161120202952j:plain

【今日の食卓】
愛弥美が幼稚園に受かったお祝いに、スイパラ(スイーツパラダイス)立川店へ。
パスタ等軽食+スイーツ30種+ドリンク食べ(飲み)放題で1530円。
それに200円増で、ハーゲンダッツジェラートも食べ放題になる。

スイーツパラダイスとは?

そこから始めなければいけないか?
東京や大阪近辺の人には、「スイパラ」と言えば通じる?
その辺の感覚が未知数だ。
何しろ、サルちゃん(タイ人の家内)だけは数年前に行ったことがあるが、私と二人の子どもは初体験だ。


f:id:nmomose:20161120211926j:plain


スイーツパラダイスは、関東・関西、東海、東北、中国、九州に37店舗を展開する、デザートバイキングの店だ。
食事も食べられ、またドリンクバーも付くが、あくまでもメインとなるのは「スイーツ」だ。
30種類以上のデザート類を自由に取って食べられるというのが最大の売り。

立川店について

スイパラへ行こうということになって、さてどの店に行くかでまず迷った。
新宿などの大きな街の方が座席数は100席以上と多いが、それだけ人が多く集まる。
その点、多摩地区の大きな街といっても立川ならば、78席+テラス席もあるという条件ならば、予約するのにそれほど困らないのではないか。


公式サイトによると、特に土日祝は事前に電話で予約することを薦めている。
私は、3日ほど前に立川店に電話して、20日(日)の開店時間である11時に予約したいと伝えると、予想に反して一発でOKと言われた。


立川店の場所は、高島屋9階のレストラン街にある。
うちでは多摩モノレールを使ったが、立川駅よりも一つ手前の立川北駅で降りると、ほぼ目の前に高島屋が見える。
JR立川駅からだと、公式サイトでは徒歩5分となっている。


ちょうどこの日は、スイパラで昼食を取ったその足で国営昭和記念公園へ光葉狩りへ行く予定だった。
その点では、高島屋を出てから昭和記念公園の立川口は目の前というか、徒歩3分ほどだ。

料金などシステム

通常の料金は、大人は上記の通り1530円で、4歳以上の子どもは860円。
3歳未満は無料となっている。


このような料金体系・制限時間、料理・デザートなどの種類は、店舗によって異なるようだ。
その詳細が公式サイトにもはっきり書かれておらず、この点は一つの大きなヒンシュクものだろう。


f:id:nmomose:20161120211945j:plain


2160円のゆったりバイキングのコースもあり、こちらは制限時間が120分となっている。
また料理も、たとえば唐揚げやフライドポテトなども付くようだ。

混雑状況など

11時の開店の20分ほど前に高島屋に入ったが、開店直前になっても、待っていたのは私の他にもう1グループぐらい。
これならば、たとえ土日でも予約しなくても良かったかもしれない。


テーブルに着いてから少しずつ客が増えてきた。
私たちは11:03頃から開始となったが、時間制限の70分の後半頃からは、ほぼテーブルが埋まっていたかもしれない。
12:13の終了後に店を出ると、けっこうな人たちが待っていた。
やはり週末のお昼時以降には予約をしておく必要があるだろう。

料理・ドリンク類

席につくと、まずピザを一人一切れどうかと聞いてくる。
子どもたちは食べないので、2枚お願いする。


軽食はスパゲッティが中心で数種類あり、他にカレーが1種類ある程度。
ピザは前述の始めだけのサービスだ。
他に、冷たいうどんもある。


f:id:nmomose:20161120212411j:plain


基本的に、オーダーして持ってくるものはなく、すべての料理はセルフサービスだ。
だが、パスタ類などはできた時にスタッフが大きな声でアナウンスする。


サラダは12種類で、ドレッシングは胡麻など数種類用意している。
ドリンクは、リンゴとオレンジのジュース、炭酸飲料類、コーヒー・紅茶類が自由に取れる。


パスタ類は、そこそこに美味しいというか、普通?
具はそれほど豊富ではなく、あくまでもオマケ程度と考えた方が良い。
茄子などが入ったカレーは、意外に美味しかった。

スイーツ類+アイスクリーム

想定外だったのは、4歳の龍矢と2歳の愛弥美が、うどん位しか食べなかったこと。
スタッフがもってきた塗り絵セットに夢中で、食べるどころではないというのも、あったかもしれない。
それも考慮してのこのサービスだとしたら、さすが大阪商人(後述)と思ってしまう。


もともとうちの子たちは味覚が変わっていて、生クリームケーキ類、チョコレートは一切食べない。
その代わり、フルーツ類はなんでもメッチャ食べる。
母のタイ人の血が入っているのも、理由の一つとしてあるのだろうか。


f:id:nmomose:20161120213020j:plain


龍矢がかき氷を見つけて、二人で食べ始めた。
結局、二人が食べたものは、うどんとかき氷くらい。
アイスクリームも普段は大好きなのが、とにかく塗り絵にハマっていて食べない。


スイーツ類は、30種類(以上?)とあるが、予想外にバラエティーに富んでいる。
いわゆる生クリーム主体のケーキ類は少な目だが、何種類かある。
とにかく少しでも多くの種類を食べたいと、ものによっては非常に薄く来られた1切れを取るが、ちゃんと立ってくれず、見栄えがあまりよくない。


f:id:nmomose:20161120212519j:plain


上記の写真は、まだ3分の1ぐらいを皿に盛った状態だ。
食べてみると、どれも大体おいしい。
これならば安いだけでなくリピーターが増えるはずだと思うような味。


f:id:nmomose:20161120213113j:plain

なぜこんなに安く美味しい?

料理類は別として、デザート類がなぜこれほど美味しいのに、こんなに低価格で持続可能なのか?
その点にいちばん興味を抱いた。


その答えは、公式サイトにあった。
会社概要のページを見ると、スイパラを経営する井上商事は、大阪市に本社を置く会社だが、業務内容を見ると、「洋菓子製造」とある。
つまり、自分のところで作ったスイーツ類を自分のところの店舗チェーンで食べさせている直営店なのだ。


www.sweets-paradise.jp


通りで安くできるはずだ。
さすが大阪商人!と、感心した。

味の評価や反省点など

前述のように、子供らはうどんとかき氷位しか食べず、私は残飯整理でほぼ満腹。
子どもたちのために持ってきたカレーとかスパゲッティは、すべて私が食べるハメになったのだ。
だが意地で、30種類のうちの8割方のスイーツを食べた。


1530円コースに挑む人は、なるべく食事類はほどほどにして、あるいはまったく目もくれずに、ひたすらスイーツを食べ続けた方が良いかもしれない。
最初に出てきたピザも腹に溜まるものだし、パスタ類も炭水化物が主体で、スイーツ主体の店では「別腹」とかも言っていられない。


このことは120分コースでも同様かもしれないが、料理の種類が増える分、料理を何も食べないというのも、もったいない感が増すだろう。


味にうるさいタイ人のサルちゃんは、料理はまあまあだったが、スイーツはどれも美味しかったと言っていた。
「楽園」(パラダイス)の名に偽り無しだが、ひとつ問題がある。


男子のみでは入り難い女の園なのだ。
周りを見渡すと、男性の姿はほとんど皆無。
後半になって、やっと家族連れのお父さんが一人来た。


年齢層は若い女性たちだけとは限らないが、やはり十代のグループが目立つ。
この店は、やはり基本は女子会の場なのだろう。
私は甘いものが好きな方だが、家族連れで来れる立場で良かった。


今度は迷うところだが、120分のゆったりした時間で食べられるという点で、500円かそこらの違いならば、ゆったりバイキングの法を選ぶかもしれない。


今日撮影した動画をYouTubeに投稿したものを、貼り付けておく。
写真や動画を撮ったりする余裕はほとんどなく、映像の完成度はまったく低くて申し訳ないが、何かの参考になればと。



 

住所:東京都立川市曙町2-39-3 立川高島屋9F
TEL:042-548-1502
営業時間:11:00〜22:00
休日:立川高島屋に準ずる
駐車場:施設の提携駐車場を利用
席数:78席(他テラス有)
予約:電話予約可能(時間指定あり)
貸切:応相談。詳細は店舗までお電話ください
禁煙席:全席禁煙


【SP公式サイト】
www.sweets-paradise.jp



誕生日ケーキ・バースデーケーキ14cm

誕生日ケーキ・バースデーケーキ14cm


Copyright (C) 2016 Naoya Momose. All Rights Reserved.