食探三昧 by 百瀬直也 - 「食」の安全・健康・グルメ等を探求するブログ

ノンフィクションライターの百瀬直也が健康・料理・グルメ・粗食・少食など「食」を探求するブログ。


- 「人は食べるところのものである」 食の探求 shokuzan.com
HOME LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク


【今日の食卓】ららぽーと立川立飛のバイキング専門中華料理店「九龍點心」(くーろんてんしん)で昼食

スポンサード リンク

f:id:nmomose:20160918145314j:plain


【今日の食卓】
ららぽーと立川立飛のバイキング専門中華料理店「九龍點心」(クーロンてんしん、九龍点心)で昼食。
ららぽーとオープン直後の今年はじめ頃から、いつ来てもこの店の前に長蛇の列ができているので、気になっていた。
サルちゃん(タイ人の家内)が行きたいというので、入ってみた。

雨の日が狙い目?

ららぽーとに着いたのは、12時頃。
11時の開店のときから、すでに待ち用の椅子に座れないほどの行列ができているというから、覚悟して行った。
3連休の2日目ということで、かなりの混雑だろうと。


だが、この日は雨のために、待ち用の椅子がいっぱいになっていなかった。
普通ならば、この時間帯だと1時間は待つことになるのではないか。


受付のシステムに登録しても、順番通りに呼ばれるわけではない。
4人組よりも2人組の方が早く入店できることもある。
結局、40分ほど並んで店に入れた。

九龍點心とは?

九龍點心は、クリエイト・レストランツ・ホールディングスというフードコートやレストランを運営する企業の傘下にある。
あまり聞き馴染みのないチェーンが多いが、磯丸水産も同じ傘下に入っている。
そんな中で、九龍點心は公式サイトの「主要ブランド紹介」にも入っていないところで、


九龍點心も、まったく聞いたことがなかった筈で、ららぽーと立川立飛が最初の出店のようなのだ。
更に調べてみると、上記は正しくなくて、正確には、かつて新宿ルミネエストにも店舗があったが、その後に閉店したようだ。


点心の職人である点心師が店内で作る出来たて熱々のこだわり小龍包と前菜がウリのようだ。
特に小籠包が飽きるまで食べられるということで、ネット上の一部で話題となっている。

料金などのシステム

この店は、バイキング専門の中華料理店だ。
時間帯で、ランチ(11:00~17:00)とディナー(17:00~22:00)では料金が異なる。
また、平日と土日でも料金が変わってくる。
土日のランチタイムは、大人1,899円(+税)、小学生899円(+税)、幼児 499円(+税)となっている。
土日のディナーは、大人2,299円(+税)、小学生1,099円(+税)、幼児499円(+税)


平日のランチタイムは、大人1,699円(+税)、小学生899円(+税)、幼児(3歳~小学生未満)499円(+税)。
平日のディナータイムは、大人2,299円(+税)、小学生1,099円(+税)、幼児499円(+税)。


いずれも、3歳未満は無料となっている。
料金には、ドリンクバーも含まれる。


うちでは、私とサルちゃんが土日の大人ということで、税込2000円。
4歳の龍矢は幼児料金で、540円。
2歳の愛弥美は、無料だ。

食べ放題スタート

店内は76席と、そう広くはない。
12:40頃に4人がけのテーブルにつく。
今から70分ということで、12:45からカウントされたので、実質75分くらい。
限られた時間の中で、キビキビと動く必要がある。


私は最初、下記の写真に写っているものを取ってきた。


f:id:nmomose:20160919235333j:plain


小籠包は、フカヒレ、海老など数種類がある。
やはり一番の人気メニューということで、目の前で調理する点心師が置くそばからなくなっていく。


汁物は、コーンスープと豆入りお粥。
ご飯は、ジャーに白ご飯がある他に、料理に混ざって炒飯が置かれている。


いちいちメニューの名前は覚えていないが、肉類はタイのカオマンガイ(中国でいう海南鶏飯)のような鶏料理、四川麻婆豆腐、四川麻婆茄子、黒酢豚などを取ってきた。


小籠包は、どれがどれと違いを味わっている余裕はないが、どれもそれなりに美味しい。
マーボーも一流の味だ。
黒酢豚が肉の旨味があり、特に美味しく感じた。


f:id:nmomose:20160919235141j:plain


一通り食べて、次は野菜類ももってきた。
ピリ辛の春雨が美味しい。
野菜コーナーには、汁なし冷やし担々麺が小皿に入って置かれていて、タレを選んで自分でかける。
胡麻ダレを選んだが、これがメッチャ美味しい。
サルちゃんにも食べさせると、すごく美味しいと自分でも持ってきた。
私は2杯も食べてしまった。


テーブルの上には、小籠包の正しい(?)食べ方が書かれた札がある。
今まで知らなかった。


f:id:nmomose:20160920001106j:plain


出来たてのアツアツの小籠包は、どれも美味しい。


f:id:nmomose:20160920000745j:plain
 

とにかく小籠包だけではなく、料理の種類が多く、時間制限もあるので、じっくり選んでいる暇もなく、食べるものに迷ってしまう。

デザート類

デザート類も豊富にある。
フルーツ類は、ライチやオレンジがある。
龍矢はライチが気に入ったようで、最初からたくさん食べていた。


f:id:nmomose:20160920001234j:plain


私は、杏仁豆腐、マンゴープリン、白玉入りココナッツミルクを食べてみた。
マンゴープリンが特に美味しい。
龍矢も愛弥美も気に入ったようで、たくさん食べていた。


f:id:nmomose:20160920001435j:plain


タピオカミルクティーは、自分で材料を選んで作る方式だ。
タピオカをスプーン1杯、次に氷を2個などと手順が詳しく書かれているので、わかりやすい。
タイでもポピュラーで、サルちゃんも喜んでいた。

ドリンクバー

ドリンクバーのコーナーでは、コーヒーや紅茶の種類が豊富だ。
カプチーノが美味しかった。
子供用のジュースもある。

食べ終わって

制限時間の15分前になったら、デザートに切り替えようと話していたが、途中からそういうことはどうでも良くなってきた。
とにかく油ものが多い中華料理というのは、自分がこれぐらいは食べられるだろうと想像しているほど食べられずに、早く満腹になってしまう。
私はもともと1日1食の小食だが、冷やし担々麺が美味しすぎて想定外の2杯も食べてしまったので、お腹がパンク寸前だ。


全部一通り食べられたとは言えず、食べなかったものは、また今度来たときに食べてみたい。
特に好きなのは、四川の辛めの料理や黒酢豚だ。


横浜中華街だと競争が激しく、2千円程度の食べ放題は普通にある。
だが、こちらはドリンクバーとかデザートとかも豊富で、中華街に比べても負けていないだろう。


https://www.instagram.com/p/BKf9tHyBWwV/


食べてみて、ららぽーと立川立飛の中で、特にいつも行列が絶えない理由がよくわかった。
ネームバリューがある店ではないのに、口コミでも広まっていくのだろうか。
味にうるさいサルちゃんも、ららぽーとで一番おいしく、また来たいと言っていた。


これだけ色々食べられておいしくて、2千円はかなりのCPだ。
この店は、今後は我が家の定番となるだろう。

営業時間:11:00~22:00
定休日:不定休(施設に準じる)
総席数:76席。


※九龍點心の様子を撮影してYouTubeに動画を投稿したので、貼り付けておきます。


[お徳用」 小籠包(ショウロンポウ)30個入 【満月廬】

[お徳用」 小籠包(ショウロンポウ)30個入 【満月廬】


Copyright (C) 2016-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email