食健三昧 by 百瀬直也 - 「食」と「健康」を探求するブログ

ノンフィクションライターの百瀬直也が食の安全性・料理・少食など「食」と「健康」を探求するブログ

HOME LIST WEB VIDEO EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク


【今日の食卓】宮武讃岐うどんの「ピリ辛豚味噌チゲうどん」が食欲をそそる

f:id:nmomose:20160723143020j:plain


ららぽーと立川立飛に家族で遊びに来た。
フードコートで昼食ということになったが、残念なのはインド料理店がないこと。
久々に来たので、そのことを忘れていて、かなりショックが大きい。


普段の平日は1日1食なので、昼食という「余計なもの」は、極力胃に負担をかけず食欲をそそるものを食べたいのだ。
野菜のカレーの店があるが、何考えてんの?というくらい高い。


そういうわけで、選択肢は一つに絞られた。
家族と一緒に宮武讃岐うどんへ行くことにした。 

謎のピリ辛豚味噌チゲうどん

宮武に入り、これしか食べないというカレーうどんを探すが、もっと良さげなものがあった。
ピリ辛豚チゲうどん並590円。
それと、海老天200円。


天ぷらを選んでいて初めて気がついたが、店によって価格が違うのだ。
野菜かき揚げは150円だが、近所の花小金井店では130円で、もっと巨大だ。
ららぽーとでは立地上、仕方ないところか。


食べてみると、まず和風の出汁のような味がする。
それに韓国のチゲの風味が加わり、不思議な味わい。
「ピリ辛」とあるように、激辛ではなく、よほど辛いものが苦くな人以外は食べられるのではないか。

丸亀製麺との違い

この日にフードコートに来たとき、覚え違いしていて、丸亀製麺だと思ってしまった。
香川県丸亀市発祥の讃岐うどんの老舗ということで、似通っているのだ。


メニューも似たようなうどんがあるが、大好きなカレーうどんが見当たらない。
そこで気づくべきだった。
丸亀製麺には、ピリ辛豚味噌チゲうどんなどという韓国風のメニューはない。



うどんは、宮武の方が弾力があって、こちらの方が好きかも。
兵庫県の企業である丸亀製麺よりも、宮武讃岐うどんの方が本来の讃岐うどんなのだろう。



味の素 CooKDo コリア!  豆腐チゲ用 3-4人前×4箱

味の素 CooKDo コリア! 豆腐チゲ用 3-4人前×4箱

ユウキ チゲ(鍋)の素 230g

ユウキ チゲ(鍋)の素 230g


saryuya.com

Copyright (C) 2016-2018 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email