読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食探三昧 by 百瀬直也 - 「食」の安全・健康・グルメ等を探求するブログ

ノンフィクションライターの百瀬直也が健康・料理・グルメ・粗食・少食など「食」を探求するブログ。


- 「人は食べるところのものである」 食の探求 shokuzan.com
HOME LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク


【今日の食卓】水出し緑茶~普通の煎茶との違いはどこにあるか?

スポンサード リンク

【今日の食卓】
水出し緑茶。


f:id:nmomose:20160718210056j:plain


そろそろ…というか、もうとっくの昔に熱い煎茶は避けたい季節。
西友ブランドの水出し煎茶。
350円くらいだった。


ポットに1袋または2袋入れるように指示がある。
ポットの容量にもよるが、1袋だと薄めで、2袋だと濃い目になる。


サルちゃんは最初、1袋入れて見た目の色が薄めだったので、もう1袋入れるように指示した。
飲んでみると、安い割にはなかなか美味しい。

水出し茶と普通の煎茶の違い

普通のお茶との違いは…。
この記事を書くために、ちょっと調べてみるまで、自分も知らなかった。


水出し用の煎茶といっても、栽培や収穫の方法が異なるわけではない。
ただ、仕上時に茶葉の切断回数を増やすことによって、水と接する断面が多くなり、水でもお茶が抽出されやすくなる。
なるほどと思った。


そうなると、普通の煎茶を買ってきて、自分でもっと茶葉をカットしたり、揉んだりすると良いのかな?
素人考えだけど。

水出し用緑茶のメリット

お湯を使うよりも、水出しした方が、渋みが少なく甘みが強調されやすい。
あとは、自分が思うに、緑茶に含まれるビタミンCは熱によって壊れやすいので、それを防ぐというメリットもあるのではないか。


これからの季節、やはり冷たい緑茶だろう。
暖かいお茶と比べると、タイ人のサルちゃんも好きでよく飲むようだ。


サーモスなどのケータイマグなどを持っていれば、外でペットボトルのお茶を買うよりも、自分で水出し茶を作って持ち運んだ方が安上がりだろう。


サーモス 水筒 真空断熱ケータイマグ 0.5L ラズベリー JNO-501 RBY

サーモス 水筒 真空断熱ケータイマグ 0.5L ラズベリー JNO-501 RBY


Copyright (C) 2016 Naoya Momose. All Rights Reserved.