読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食探三昧 by 百瀬直也 - 「食」の安全・健康・グルメ等を探求するブログ

ノンフィクションライターの百瀬直也が健康・料理・グルメ・粗食・少食など「食」を探求するブログ。


- 「人は食べるところのものである」 食の探求 shokuzan.com
HOME LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク


【今日の食卓】インスタントのビビン冷麺(韓国のスープ無し冷麺)

スポンサード リンク

【今日の食卓】ビビン冷麺。


f:id:nmomose:20160717131303j:plain


ちょっと前に西友で買ったものだが、二人分の麺とスープが400円弱位だったと思う。
スープがない韓国冷麺は、たぶん初めて食べると思う。


韓国の冷麺には、スープの有無によって大きく2種類に分けられる。
「ムルレンミョン」は、スープ付き冷麺。
ビビンネンミョン(ピビムネンミョン)」は、スープ無し混ぜ冷麺のことだ。
「レンミョン」または「ネンミョン」が、冷麺のことらしい。
漢字で冷麺と綴った韓国語読みなのか。


ちなみに「ムル」は韓国語で「水」のことのようだ。
ムルレンミョンを直訳すると「水冷麺」となる。
「ビビン」(ビビム)の方は「混ぜる」という意味らしい。

サルちゃんが韓国冷麺に初挑戦

後者は、日本では「ビビン冷麺」とか「ビビン麺」とか呼ばれているのだろうか。


サルちゃんは、韓国冷麺は初めての挑戦だ。
ゆでたまご、ほうれん草、挽肉、ソーセージ、ミニトマト、キムチ、パクチーが、細切りにされてきれいに盛りつけられている。
独自に考えた具もあるようだ。


作り方は簡単で、沸騰したお湯に麺を入れて、約40秒間茹でる。
その後によく水で冷やして、添付のスープをかけて完成。


食べてみると、けっこう甘さが強調された味。
だが、しばらくしてから、けっこうな辛さが襲って来る。
「甘さに騙されてはダメよ」って?


以前に、ショッピングセンターのフードコートなどでムルレンミョンを何度か食べたことがある。
ステンレス製のギンギンに冷えた器に盛られた冷麺は、超美味で気に入った。


ビビン冷麺は、今回はじめて食べてみた。
ムルとビビンと、どちらが好きかというと、個人的にはビビンの方かもしれない。
辛さと酸味が混ざった独特の味で、タイ料理のトムヤムは苦手だけど、こちらは大丈夫だ。


今度ムルのインスタント冷麺を買ってみることにしたい。


今日のはあまり冷えていなくて、あの金属製の器が欲しくなってきた。
また、麺がよくほぐれていなくて、40秒間の短い間によくほぐすことも重要だろう。

今回買った「ビビン冷麺」

こちらが、今回買ったパッケージ。
麺と液体スープが各2個袋分けされて入っている。


https://www.instagram.com/p/BH8uYiZh3Jk/
【今日の食卓】一つ前の投稿のビビン冷麺。よくわかってないけど、スープがない麺をこう呼ぶ?

Amazonではたくさんの種類がある

Amazonで同じものを探したが、あまりにも種類が多いので見つからなかった。
ムルもビビンも、韓国からの輸入物を含めて、とにかく多くのメーカーが出しているようだ。


冷麺を買う時には、ムルかビビンかよく確かめましょう。

[asin:B00XN9OO34:detail]


Amazonの食品は、どうしても送料が上乗せされて高くついたり、10個とかそんなに要らないという数のセットで売られている。
少量を買うには、プライム会員限定になるが、Amazonパントリー対応の商品を買うと良いだろう。
種類は限られるが、韓国冷麺もあります。


これがないと話にならない(?)

ステンレス冷麺器23x8cm

ステンレス冷麺器23x8cm


Copyright (C) 2016 Naoya Momose. All Rights Reserved.