食探三昧 by 百瀬直也 - 「食」の安全・健康・グルメ等を探求するブログ

ノンフィクションライターの百瀬直也が健康・料理・グルメ・粗食・少食など「食」を探求するブログ。


- 「人は食べるところのものである」 食の探求 shokuzan.com
HOME LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク


【健康】花粉症・アレルギー・トランス脂肪酸対策のために「油」を変えてみる~菜種油・キャノーラ油+ターメリック(うこん)も良い

スポンサード リンク

f:id:nmomose:20160320033958j:plain


私のタイ人の家内であるサルちゃんは、花粉症を患っている。
純粋な日本人である私が花粉症になったことがないのに、変な話だ。
一昔前は、「花粉症になるのは純粋な日本人の証拠」などというウソが言われていた。
そして、それを私も信じてしまっていた。


外国人でも、日本に数年間(平均して4年ほど)滞在すると、花粉症を発症することがある。
おっと、そういう話がメインではなかった。
これについては、昨年の下記の記事で書いている。


tankyu.hatenablog.com
 

サルちゃんは、今年も次第に症状がひどくなり、1週間ほど前に耳鼻咽喉科へ行って薬を1ヶ月分ほどもらってきた。
それを飲んで、なんとか症状は穏和している。
だが、薬は根本的な解決にはならない。


花粉症やアトピーは、「油」を変えればかなり改善されるという情報を得た。
説明が長くなるので結論だけ書くと、
リノール酸」を多く含む油に偏ると、何らかのアレルギー症状をもつ人は悪化するそうだ。


blog.goo.ne.jp


リノール酸の含有量が少ない油としては、以下の様なものがある。


キャノーラというのは、菜種(なたね)の一種だ。
結果として、サラダ油を菜種油に変えれば、花粉症の症状が穏和されるかもしれない。
また、同様の理由から、マーガリンをバターに変えると良いという。
マーガリンは、トランス脂肪酸が少ないという点でも良い。


marthanew.com

ターメリックが花粉症に良い

話は変わって、インドでは花粉症やアトピーなどの症状がないが、それはカレーをよく食べるせいだという。
カレーに使用されるターメリック(ウコン)に含まれるクルクミンが、花粉症やアトピーなどに効くせいだと言われる。

業務スーパーで買ってきた

今日は久々に業務スーパーへ買い出しに行ってきた。
1万3千円も使ってしまった。


キャノーラ油を探したところ、安くて良いのがあったので買った。
精油のキャノーラサラダ油(1650g、378円税別)
カナダ産の菜種100%使用とある。


業務スーパーへ買い出しに行って買ったものの一部。辻精油のキャノーラ1650g378円税別はカナダ産菜種100%使用。サルちゃんの花粉症を治すには油を変えるのが必須と知って買った。菜種油はリノール酸が少なくアレルギー症状が軽減されるという。#業務スーパー
https://www.instagram.com/p/BC2HQSEI2r_/


Amazonで買うならば、このようなキャノーラ油がある。

理研 一番搾りキャノーラ油 1500g

理研 一番搾りキャノーラ油 1500g


バターは、450gで960円(税別)のを買った。
これはAmazonでも同じくらいで売っている。


Amazonではターメリック粉末を注文した。
色々な料理に使うことができる。


油を変えることによって本当に花粉症が改善されるのか?
しばらく様子を見てみることにしたい。

【追記】2016/03/13

その後、市販のキャノーラ油のほとんどは、遺伝子組み換えのキャノーラを使用しているので問題があることを知った。
これからは、高くても国産の菜種使用の油を買うことにしよう。


カネゲン 純正菜種油 1360g

カネゲン 純正菜種油 1360g


Copyright (C) 2016 Naoya Momose. All Rights Reserved.